北家連ってなーに?
精神障害者の家族のために(病気を知る)
精神病とは
統合失調症や神経症、そううつ病など「精神病」とひとことで言ってもさまざまです。 特に統合失調症は長期化しやすいといわれていますが、 現在では良い薬も使われ、通院だけでも対応できます。 さらにリハビリ活動や諸制度も活用できます。 家族が服薬に協力したり、あせらない姿勢をもつこと、 さらに信頼できる医師と連携するなど患者さんを支える体制をつくることが肝心です。
精神障害者とは
精神疾患のため長期に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける方、 様々な生活障害(生活のしづらさ)を持っている方を指します。 例えば、対人関係の築き方、新しい環境への適応や社会資源の活用の仕方が不器用であったり、 作業意欲が乏しい などが生活障害として挙げられます。 しかし、精神障害者は障害をできるだけ改善したり軽減したりする適切なリハビリによって、 地域社会で充分みんなと暮らしていける方々です。

| 北家連ってなーに? | 各施設のご案内 | イベント紹介 |